劇団LINEスタンプは儲かるのか?

スマホアザラシ

こんにちは福田修司です。

収益を上げる為、オリジナルLINEスタンプを販売している劇団があります。

有名クリエイターが作ったスタンプだったらまだしも、劇団員が描いたと思われるスタンプで利益が出ているのでしょうか?

結論から言えば

利益なし!

でも。。。

 

LINEスタンプの現状

LINEスタンプを販売する人の90%が一つも売れないことが判明しています。また売れたと言う人の中にも収入は数百円と言う人も多くいます。

一時は稼げるツールとして一気にスタンプに参入する人が増えて副業としてリリースすることが流行りましたが、今は一部のクリエイターのみが稼げるシステムになってしまいました。

理由は

  1. ランキング上位に上がるのは企業と抱き合わせのものばかり
  2. 参入者が増えすぎて見つけてもらえない
  3. 本腰を入れて作っていないのでシリーズのスタンプ数が少ない

1.スタンプを探す際ランキング100位くらいまでしか見ません。そもそもスタンプ自体で利益を出そうとしていないのが企業とのコラボスタンプです。逆に企業は広告費として予算をつけている訳ですから上位やオススメに上がるのは当然ですね。

2.老若男女だらもがスタンプを作れることができる訳ですから、収入目的だけではなく遊びや趣味で販売しているのが現状です。その中で埋もれてしまいます。

3.思いつきで、急いで作ったスタンプだと、そもそも数が少なく使い所のないスタンプは購入してもらえません。

つまりほとんどの人はLINEスタンプで収入を獲ることはできません。

 

稼いでいる人もいる

とは言え、LINEスタンプで稼いでいる人も実際います。

  1. 世界を視野に作っている
  2. シリーズ化して顧客をつかんでいる
  3. 運良く有名人に使ってもられる

1.日本語を入れずに英語やその他の言語のスタンプを作る。

2.沢山のスタンプを作って売れ行きが良いものをシリーズ化して、新作を出し続ける。

3.たまたま作ったものがバズって広まる。

1と2は本腰を入れてコツコツと作ることができている人です。それだけではなく戦略的にビジネスをしています。

3はただただ運です。一過性のものなので継続して収益が伸びることはありません。

 

目的を持って計画的に

上記の通りLINEスタンプで利益を出すことは出来ないと思った方がいいです。ただ、企業などがやっているように、宣伝広告費として利益の概念を外してスタンプを作ってみるのはいいと思います。

宣伝広告費なら将来的に劇団としての知名度が上がり、結果、劇団収入が増からです。

スタンプの販売自体は無料で始められるので、一度やってみるのもいいと思います。

 

補足

売り上げはApp StoreやGoogle playの手数料30%、LINEに35%が引かれて、残り35%が報酬になります。

販売前に審査があります。

その基準はこちら

・画像サイズ、LINEで定められたフォーマットに合わないものはダメ
・日常会話で使えるもの
・単純すぎる絵や文字のみのスタンプはダメ
・見た目に分かりづらいものはダメ
・説明文と違うもの
・誤字脱字、透過忘れ
・著作権侵害
・ギャンブル、性的表現はダメ
・違法性のある表現または助長させる内容
・差別表現
・生死を表現するような内容や助長するような内容
・告知や宣伝に使うことは禁止
・関連性のない異なるキャラクターが2つ以上同じスタンプ内に入っているのはダメ。(一緒に何かをしているなどはOK)

差し戻される可能性があるものはこちら

・スタンプセットの中にある絵のなかに、8割がた同じ絵や表情で描かれているスタンプがある。
・アスキーアート、絵文字などはダメ
・色はが2色以下でシンプル過ぎるもの
・写真を加工しただけではダメ
・ゲームないのキャラクターのドット絵や真似た絵などもダメ
・宗教や団体などを連想させるマーク
・うんこをモチーフにしたキャラはNG
・風景や建物、料理だけの絵などはダメ
・スタンプサイズが小さすぎる
・絵より文字が多い
・全角文字、記号、空白などはダメ
・「LINE」という文字が入っていてはダメ

などなど・・・

なかなか厳しい基準ではありますが、無料で審査に出せるので、チャレンジしてください。

ではでは

 

 

保存するメモ帳 abrAsus Evernote バンドル版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です