副業で年間20万円以下の収入だった場合の確定申告は?

パソコンかえる

こんにちは福田修司です。

サラリーマンでも副業が解禁されて多くの人が収入を得ています。

収入を得た場合、当然納税しなくてはいけません。

でも、「年間20万円以下なら申告しなくてもいいらしい

と言う話を聞いたことありませんか?

実はこれ、半分間違いだって知ってました?

申告しなくてもいいのは副業利益の所得税だけの話なんです。

焦るうさぎ

誤解がある副収入

まず知っておきたいのは副業収入では無く、副業利益が20万円以下の所得税が申告免除になります。

サラリーマンや単一箇所でのアルバイトなどは年末調整で税が確定しています。そこから更に年間20万円以下の副業利益を確定申告に出すのは手間ですよね。税務署も額が小さすぎるので申告しなくて良いですと言うスタンスなので、この場合は免除されます。

これが一般的に広まってしまって、誤解を招くこことなりました。

他の理由で確定申告

確定申告はその他の所得も申告する場合があります。例えば

  • 住宅ローンの申告(初年度のみ)
  • 株取引などの申告
  • 公営ギャンブル(競馬などの)アタリ券の申告

この場合、所得を申請しなければなりません。

副業利益に限って20万円以下の利益申告を免除しているだけで、その他もあるんだったらじゃぁ一緒に申告してくださいね、計算しますからってことなんです。

 

確定申告の誤解

一般的に言われている確定申告は所得税の確定申告です。

しかし所得は住民税にも関わっていきます。知らない人が殆どかもしれませんが、副業利益は住民税の確定申請が必要になってきます。これは各自治体でフォーマットが違うので、詳しくはお住まいの自治体に確認してください。

住民税には20万以下の収益についての申請免除は存在しません

知らずに脱税なんてことにならないように各自治体にご確認ください。

また、自治体では無料税理士相談などもありますので、納税者としての権利をしっかり活用しましょう!

貧乏かえる

劇団の役者さん達ご注意

小劇場の人たちは幾つかのアルバイトを掛け持ちと言う人も多いですよね。その場合、一番給与が多いところで年末調整しますが、確定申告も必ず必要となってきます。収めすぎた税金が返ってくるかもしれないので、しっかり申告しましょう。

また、舞台で利益があった場合、住民税の確定申告が必要になってきます。

後々困らないように、お金や税金についての情報アップデートをしていきましょう!

いつか役者業が本業になった時に備えて、知識は蓄えておくべきです。

ではでは

 

全国各地のリゾートバイト検索サイト
はたらくどっとこむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です