【PS5が来るぞ!】公式が一部発表、発売は年末

ゲームうさぎ

こんにちは、福田修司です。

ソニーはアメリカラスベガスで開催中の「2020 International CES」において

次世代ゲーム機PS5の情報を一部発表しました。

ゴロゴロゲームかえる

 

本体スペック

【コンソールゲーム機本体】
・超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
・AMD社製カスタムチップ搭載
CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2″,8cores/16threads
GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
3Dオーディオ処理専用ユニット
・ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
プレイステーション 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
・PlayStation VR対応

【コントローラー】
・ハプティック技術搭載
L2/R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用

【物理メディア】
・Ultra HD Blu-ray
・ゲームディスクとしての容量は100GBに

 

SSD搭載

PS4でもSSD搭載は可能でしたが、購入者がSSDを用意してカスタマイズする必要がありました。自作PCを作る方にとってはSSD交換作業は簡単なのでしょうが、その他のユーザーにはハードルの高い作業でした。

PS5では初めからSSDが搭載されているので、保証が無くなる交換作業をしなくてもいいようです。

起動速度や読み込み速度のストレスから開放されますね。

CPUは Ryzenを採用

PS4のCPUは4コア「Jaguar」が2基搭載し低消費電力と低発熱を実現させましたが、PS5では8コアの「Ryzen」が採用されたようです。

 

最大8K解像度出力

正直8Kモニターやテレビを使っている人の方が少ないかもしれませんが、解像度優先のためPSよりPCでゲームをするといった人達を取り込めるのでは無いでしょうか。

 

PS4のソフトも使えるかも

こちらは「互換性実現に向けて」と言うことなので、はっきりしたことは分かりません。

しかしPS5を買ってもまだソフトが少ないのでPS4で遊びたいと思った時、わざわざ本体を切り替える必要が無くなるので是非下位互換の機能は欲しいところです。

 

アダプティブトリガーを採用したコントローラー

アダプティブトリガーはザックリ言うと、ゲームの状況に合わせてボタンの重さが変わる機能です。

弓を引く動作や車を一気に加速させる時などにL2R2ボタンを押し込む力が必要になり、よりリアルにゲームを体感できると思われます。

ゲームうさぎ

リアルなゲームには役者が必要

「龍が如く」シリーズや「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」のように実在の役者(人間)が登場するゲームが増えてきました。ゲーム開発時、俳優は、ブルーバックの中で衣装ではなく専用のスーツを着て演技をしなければなりません。より演出とイメージをすり合わせて台本設定や情景を理解する力が求められます。

また、マルチストーリー(物語の分岐を選択できる)ゲームの場合、いくつもの台本が存在するため、演じ分けを何パターンも用意する必要があります。

今やゲーム作りには俳優が必須になってきた訳です。

想像力と身体表現力を高めてゲームでも仕事が取れるように日々訓練が必要ですね。

自分の声や自分が登場するゲームって面白いですよwww

 

ではでは

 

BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です