【M-1優勝ミルクボーイ】公式も登場でTwitterはコーンフレークと最中だらけ

ケロッグ公式Twitterこんにちは福田修司です。

昨日のM-1凄かったです !

優勝したミルクボーイのお二人おめでとうございます。

ケロッグ公式Twitterも粋なコメント。

「呼んだかね?ん?」

なんでしょう、この素敵なやり取り。

こういうニュースが沢山増えるといいですね。

 

「1回やってみたかった…」ww

ケロッグ公式やってみたかった

「バズったので宣伝させていただきます(1回やってみたかった…!夜分にすみませんです。お付き合いありがとうございます。) ケロッグ コーンフロスティはこちら。スーパーやAmazonなどで買えます」

ケロッグさん、やってみたかったってw

 

スレットは「ケロッグ買って来た」がいっぱい

これだけTwitter内はコーンフレークだらけなので、買いに行く人が続出しているみたいです。

日本ってほんといい国だと思います。

こういう話題がたくさん増えればもっといい国になるんじゃないかな。

ケロッグ公式Twitter

 

談笑

個人のブランド化

今年のM-1が面白かった理由はいくつか挙げられますが、1番はテレビというメディアだけが発信する場では無くなったということではないでしょうか。

これまで芸人さん達は、テレビ以外では舞台でしか存在をアピール出来なかったのに対し、今年は特にYoutubeなどの個人発信のメディア利用が活発になって来たことがあげられます。

オリラジ中田さんやキンコン梶原さん(youtubeではカジサックさん)がチャンネル登録者数を一気に伸ばしました。また、数年前からyoutubeで活躍していたはいじいさんも今年登録者数を70万人まで伸ばしています。

今回M-1出場の芸人さん達もほとんどの方が自分達のチャンネルを持っています。

より多くの人たちの目に触れることで、一気にレベルが上がって行ったのではないでしょうか。

 

演劇界も追随すべき

芸人さん達はいち早く個人発信のノウハウを身につけました。

これまで、活発とは言えなかった劇団役者達も個人で自分の芝居を発信していいのではないかと思います。

まだ最善の方法は見つかっていませんが、例えば舞台公演を丸々動画Upしてみるとかどうですか?

長ければ4〜5回に分けてみるとか。

おそらく心配するのは「DVDの売り上げが落ちるのでは?」ということですが、期間限定にするとか、ショートバージョンにするとか色々方法はあると思います。

キンコン西野さんのように発売する絵本をタダで読めるようにしても、その絵本は売れています。お客様がきっちり確認して面白いと思って買ってもらったほうが嬉しいと思うんですけど、どうなんですかね?

演劇の認知度が上がるようにまだまだやれる事はあるはずです。

自分も含め、個人のブランド化という波に乗り遅れないように、日々勉強ですね。

 

ではでは


追記

ケロッグさん粋な計らいですね。

プレゼント

ケロッグコーンフロスティ1年分プレゼント!

ケロッグ買うわぁ

商売とはこう言うものなんですよ、やっぱり。

 

 

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です